2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

そぞろ歩きの会3 「神楽坂編」開催レポート

11/15(日)3回目のそぞろ歩きの会が開催されました。今回の参加者は、Kさん、Oさん、Iさん、Hさん、初参加のMさん、そして児島の6名でした。場所は人気の散策スポット、神楽坂です。気持ちの良い晴天にも恵まれ、最高に楽しい一日になりました。参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました!

神楽坂:参考サイト

__012png

神楽坂というと夜の街というイメージがありますが、昼間の散策も情緒があってとても味わい深いものがありました。表通りも華やかでよいですが、やはり裏通りには古い家並みも残り、落ち着いた風情のなかに粋な料理屋や雑貨店などがさりげなく店を構えています。細い路地を歩くと観光地のようでもあり、この街に暮らす人々の落ち着いた生活感も同時に感じられます。老若男女を問わず散策を楽しめるところではないでしょうか。

毎回ながら、歩きながらだと脳が活性化されるためか会話も盛り上がりました。分野や関わり方は違っても、みんな翻訳Loveな人たちばかりなので、自然と話題は翻訳のことになります。日頃はあまり接点のない分野の話も聞けたり、フリーの人同士は、どういう風に一日を過ごしているのかとか、話は尽きません。刺激になるし、様々な発見があります。

__013_png_2

前回は高尾山がかなりハードだったので、街歩きなんて余裕だろうと思っていたのですが、さすがに3時間歩くとかなり疲れました。十分歩き尽くしたところで、そぞろ歩きを終了して『久露葉亭でランチになりました。ビールや梅酒で乾杯! 歩いた後の一口は最高です。

今回はちょっとした運命的な出会いがありました。実は一週間ほど前、「洋書の森」に行く用事も兼ねてKさんと神楽坂を下見したのですが、そのときたまたま表通りでレストランのチラシを配っていた男性に道を尋ねたところ、その方が神楽坂の街への熱い思いに溢れた方で、懇切丁寧に神楽坂の歩き方を教えてくださいました。おかげで神楽坂のおすすめスポットをたくさん知ることができました。その誠意とホスピタリティに打たれて、ランチもこの店にしたのですが、大正解でした。座敷の個室を用意していただき、料理もとても美味しかったです。僕含めほとんどの人が「秋鮭・大海老・帆立盛合せ天御膳」を食しました。彼おすすめとおり、プリプリの海老天。ちょっとしたサービスまでしていただきました。ひそかに私とKさんは彼のことを「神楽坂の天使」と呼んでいたのですが、今日の彼もまさに天使でした。ありがとうございます。

今回のLesson Learned

今回、私は下見をしていたこともあって、ちょっとした自負心を心に隠し持ちながら地図を片手に予定のコースを張り切って練り歩き始めたのですが、ものの10分もたたないうちに行き当たりばったりモードに切り替わってしまいました(^^)。が、結果的にその方がなんとなく自由な感じがして楽しめました。一応、予定のコースは踏破できたのですが、やはり「そぞろ歩き」の名の通り、あてもなく歩く遊びの部分も大事だなあと実感した次第です。適当すぎても困りますが、「適度に適当」に歩くのは、散策の醍醐味ですね。

次回は、1219日(土)、かっぱ橋道具街をそぞろ歩きしよう!ということになりました。年末年始に向けてのお買いものもかねて、みなさまぜひご参加くださいませ~! 

そぞろ歩きの会3「11.15(日)神楽坂編」 開催のお知らせ

ご参加いただいた方々のおかげで、好評のうちに2回の開催を終えた当会ですが、今月もはりきって開催させていただきます。今回はついに満を持して都心部の神楽坂に進出いたします! 散策コースは近々下見をして調査してくる予定です。情緒溢れる秋の神楽坂を満喫しましょう!

参考サイト:東京神楽坂ガイド

---

翻訳者そぞろ歩きの会3 神楽坂

日時:11月15日(日)10:00集合~14:00前後解散予定
集合場所:東京メトロ「飯田橋」駅B2a出口を出て横断歩道を渡ったところのマクドナルドの前(10時)
内容:神楽坂近辺をひたすらに散策後(約3時間)、1時頃から昼食(自由参加)して解散
費用:昼食代のみ
参加していただきたい方:「翻訳」に携わっている方(仕事または学習など)
---

特にテーマもなく、街を散策しながら翻訳Loveな人同士で自由におしゃべりを楽しむという会です。ゆるい会なのでどうぞお気軽にご参加ください。参加をご希望の方は、私までメールでご一報ください。ご連絡いただいた方には、開催前に詳細を連絡いたします。

連絡先:児島修
cozyosa@w2.dion.ne.jp

(@は半角に直してください)

それでは、みなさまお気軽に参加くださいませ~(^^)/~

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »