2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

そぞろ歩きの会6 「湯島・本郷編」2.20(土)開催のお知らせ!

つい先日、2月のそぞろ歩きの会の場所をどこにしようか思案に明け暮れていた私のもとに、そぞろ歩き隊のIさんから素敵なメールが届きました。なかなか煮え切らない私の心を察したかのように、ずばり、「湯島はいかがでしょうか」と提案してくださったのでした。一部メールの文面を変更してIさんにおすすめいただいたコースを紹介します。

=======
御茶ノ水駅に集合。

・湯島聖堂で儒学の学問所「昌平坂学問所」を堪能
・神田明神で今年における多数の翻訳受注を祈願
・湯島天神で更なる翻訳力アーップを祈願
・最後に、龍馬のことが大嫌いだった岩崎弥太郎の邸宅、旧岩崎邸庭園を楽しむ(香川照之の顔がちらつくかも・・・)

という感じです。湯島天神では梅祭りもやっています。お茶の水駅そばにはニコライ堂もありますので、ここも見学してもいいかもしれません。
=======

さすが東京出身、そして都心にお住まいのIさん、素敵すぎます! もう2月は即決で「湯島・本郷編」とさせていただきました! コースは当日の参加者の意向で変更になるかもしれませんが、楽しくぶらりと湯島・本郷界隈を堪能したいと思います。Iさんありがとうございました。

東京の街を、ただ歩いておしゃべりするだけ――というシンプルかつゆるいコンセプトが意外と好評を博しております(^^)翻訳者そぞろ歩きの会、みなさまぜひご参加くださいませ。

---

翻訳者そぞろ歩きの会6 湯島・本郷編編

日時:2月20日(土)10:00集合~14:30頃解散予定
集合場所:JR御茶ノ水駅、聖橋口を出たところ
内容:湯島・本郷の名所を回りながらそぞろ歩き(合計約3時間)。昼食(自由参加)して解散。
参加費用:旧岩崎庭園を見学した場合は入場料400円+昼食(参加自由)代
参加していただきたい方:「翻訳」に携わっている方(仕事または学習など)
---

参加ご希望の方は前日(2月19日)中に児島までメールでご連絡ください(実際は当日集合時間まででもOK)。折り返し連絡いたします。キャンセルの場合は当日集合時間までにご連絡いただければ結構です。

連絡先:児島修
cozyosa@w2.dion.ne.jp
(@は半角に直してください)

みなさまからのご連絡をお待ちしております。お気軽にご参加くださいませ。

9人寄ればもんじゃの知恵 ~そぞろ歩きの会5 「築地・月島編」開催レポート~

晴天に恵まれた本日、そぞろ歩きの会5「築地・月島編」が無事に終了いたしました。参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

今回の参加者は、実務翻訳者兼ミュージシャンのI氏、映像翻訳者のIさん、実務翻訳者で本会の裏プロデューサーKさん、IT実務翻訳者のOさん、韓国語翻訳者のIさん、そして今回初参加いただいた実務・出版翻訳者のIさんとその友人のロマンス系翻訳出版の編集者Yさん、IT系実務翻訳者のTさん、イワシの9名でした。人数も増えて賑やか・華やかなとても楽しい散策になりました。

10時に築地駅に集合。築地の空は海が近いせいか青々としていて、空気も澄んでいるような気がします。気持ちよく歩けそうな予感を胸に、まずは駅の隣の築地本願寺へ入ってみました。本願寺と言えば関西人には京都の東/西本願寺が馴染み深いと思いますが、こちらは西本願寺の別院とのこと。インドの寺院を彷彿とさせる洋風な建築が異彩を放っています。寺内に入ると荘厳な雰囲気のなか、多くの人々が祈りを捧げていました。年始めということで、私もいろいろと祈願しました。今年もみなさんと一緒に楽しくそぞろ歩けますように!

Photo 9人いるとさすがに「ご一行様」といった感じで、ツアー感が増します(^^)これ以上増えたらそぞろ歩きの旗を作らなければいけない? そんなことを話しながら場外市場へ。土曜日の10時過ぎという時間帯でしたが、思っていた以上に活気に溢れ、人も多くてびっくりしました。鮮魚や乾物だけではなく、お肉屋さんや八百屋さんなど、ありとあらゆる食材、用具、日用品などのお店があり、また市場自体もとても広い。さすが天下の築地です。近所に住んでいたら、買いものが楽しいのでしょうね。人気店には獲物に襲いかかるピラニアのように人が群がっています。アリさんの行列のようにいろいろとお店を見て回りながら進みました。テリー伊藤さんのお兄さんの卵焼きのお店「丸武」も覗いてみました。お兄さんが店内に鎮座しておられました(私はミーハー気分丸出しでした)。

しばらくウロウロしたのち、場内市場にも足を伸ばしてみましたが、こちらも人が多く、また市場で働く人々が運転する特殊自動車もビュンビュン行き交い、ちょっと危険です。先導役の私がまったくコントロールを失ったことにより、しばし迷走ならぬ迷歩したのちに、新大橋通りに出て、新富町方面に向けて歩き出しました。

Photo_2 ここまでで、すでに所要時間約1時間。人混みであまり歩けなかったので、これはいかんとギアを上げました。快適なペースで進むと少しずつ身体も温まり、スペースもあるので話もしやすく会話も盛り上がります。

聖路加ガーデンについて、47階の無料展望台へ。超高速エレベーターに乗って一気に46階へいくと、そこには見事な眺望が!!! 東京の街は、高いところから眺めると一段と美しい。日頃は仕事に追われ、息つく暇もなくコンピューターの画面とにらめっこをしている翻訳者にとって、この景色ほど心身を癒してくれるものはありません。感動のあまり、涙を抑えきれないメンバーの姿もありました。私も思わず息を呑み、溢れる涙を拭いもせずに景色を堪能しました(というのはウソで、展望台への入場は無情にも13:00~で、私たちは入れませんでした。涙。が、窓から景色は見ることができました)。

Photo_3 1階に降りてスタバでコーヒー休憩をしたのちに、合流予定のIさんの待つトリトンスクエアを目指して出発! かちどき橋で記念撮影をして、そのまま橋を渡りました。眼前に広がる隅田川が素晴らしい。風景も雄大だし、都会的なビル群と、広い空、大きな川で構成される美しい自然が見事に融合していて、とてもいいところだと思いました。住んでみたいなあ。

トリトンスクエアでIさんと合流し、施設内や敷地を回ったあと、いよいよ月島に。西仲通りにはもんじゃ焼きのお店が軒を並べていて、まさにザ・月島。路地の風景がとても下町情緒に溢れています。猫がのんびりと散歩しているのが、とても絵になるなあ。築地、新富町、月島。それぞれ個性的な街の顔があって、そこに住む人たちの暮らしがある。町から町へと徒歩で移動することで、そんなことをしみじみと実感できました。

Photo_4 いったんもんじゃ通りを外れて隅田川の川辺まで歩き、もう十分に歩いたわ! と実感したところで、いよいよもんじゃ焼きのお店に。時刻もちょうど1時を過ぎたところで、Kさんおすすめの海鮮もんじゃ「片岡」で昼食となりました。歩いた後の食事は美味しい!もんじゃ焼き、お好み焼き、やきそば、やきうどん、はんぺん焼き、あんこ焼きなどをいただきました。3時前に店を出て、月島駅の改札で解散となりました。みなさま、本当にありがとうございました。

3人寄れば文殊の知恵、といいますが、9人寄ると文殊×3の知恵です。歩いているときも心強いですし、翻訳というキーワードでつながった多彩なメンバーから、いろんな面白い話が聞け、そして刺激を受けました。それぞれの町にそれぞれの個性があるように、めったに会う機会のない同業者も、それぞれの人生を歩んでいる。そんな人生のお裾分けをいただいたような気がいたしました。来月もまた開催したいと思います。場所は鋭意検討中です。みなさん、また楽しくそぞろ歩きましょう!

P.S.

Tさん、写真を撮っていただきありがとうございました。

Igさん、お菓子をありがとうございました。

Isさん、ご結婚おめでとうございます(^^)/

今回の教訓

・商店街など人混みのなかを歩くのは、楽しいが会話がしにくいしあまりたくさん歩けないので、ほどほどに

・複数の町を歩くのはやっぱり面白い

・聖路加ガーデンの展望台は、13:00~じゃないと入れない日があるみたい

(ガイドブックには9:00~って書いてあったのに!)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »