2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

またまた迷走~春の予感に誘われて~ そぞろ歩きの会6「湯島・本郷編」開催レポート!

晴天に恵まれた本日、そぞろ歩きの会6「湯島・本郷編」がおおいに盛り上がりを見せ、無事終了いたしました。参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

今日の参加者は、韓国語翻訳者のIさん、IT実務翻訳者のOさん、翻訳会社コーディネーターのHさん、経済系実務翻訳者で文芸翻訳の道も歩むKさん、医薬系翻訳の修行に翻訳Loveで熱心に取り組むAさん、そして初参加となる、フリーランス実務翻訳者歴8年のT氏と、幅広く翻訳を学ぶ「王子」こと特許翻訳チェッカーのS君、イワシの8名でした。

10時に御茶ノ水駅聖橋口に集合。今日は初めての試みとして今日のコースを書いた簡単な地図と、参加者の名前を記したレジュメを用意してみました。どこに行くかわかっていると安心できるし、人の名前も覚えやすくなるのではないかと思ったのです。今朝、かなり急いで適当に作ってしまったのですが、なかなか好評だったようなのでこれからも続けてみたいと思います。

まずは駅のすぐ近くにあるニコライ堂を覗いてみました。日本最大のビザンチン様式建築物というだけあって、その美しさに目を引かれます。天気も快晴、抜けるような青い空の下、「今日は楽しく歩けそうだ」という予感を胸に(後半、そんなに甘くはない展開になってしまうのですが...)、楽器街を軽く歩いて湯島聖堂に。

Photo_2

ここは「聖堂」というだけあってお寺でも神社でもなく、元禄時代に作られた孔子廟とのこと。建築物もなんだかハリウッド映画のセットみたいでかっこよく、雰囲気があります。学問成就祈願(激祈り)をしました。Kさんは巨大な孔子像がやけにお気に入りのご様子でした。次は神田明神。思っていたよりもかなり大きく、本格的な神社です。この界隈に詳しいIさんによると、この神社は秋葉原の近くにあるということで、仕事始めにIT関係の企業がよく参拝にきたりするそうです。ITお守りというものもありました。受注アッ――プ!を激しく祈願しました。

今日のような機会がないとなかなかこういう場所には訪れることもありません。世の中にはいろいろな場所があるものです。

次は東京水道博物館へ。地図は持っていたものの、私の方向感覚は早くもかなり狂い始めており、治療を求めて?順天堂大学附属病院に無意識に突入しようとするなど、我ながら「本郷の呪い」としか思えない怪奇現象が頻発したため、今回もIさんの力を大きく借りながらなんとか軌道修正しました。東京水道博物館では、東京の水の歴史を中世から現代にかけて学べるとてもよくできた展示を楽しめました(入場無料!)。

Yushima

いつもながら、みんなで歩くと時間が経つのが速い。すでに1時間半くらいが経過しています。東京ドームに寄ってファーストフードのお店のテラスでしばし休憩・歓談した後、いよいよ湯島天神に向けて出発。ここでまた私が大きく道を誤ってしまい、気がつくと飯田橋付近を彷徨っていました。またまたIさんに軌道修正してもらいなんとかリカバリして、そのついでにふと目に飛び込んだ牛天神「北野神社」に寄ってみました。神主さんに道を聞くととても丁寧に教えてくれ、境内でふるまわれていた生姜湯をいただいて生き返りました。困っていたときに助けてくれたからなのか、この神社には特別な何かを感じました。ここは密かなパワースポットかもしれません。綺麗な梅の花も咲いていました。

途中文京シビックセンターに寄って展望台で景色を堪能し(前回の雪辱)、さらに春日通りをまっすぐ東に進んで、とうとう湯島天神に。天神の方角に向かって歩きながら手を合わせた後(時間がなかったので通り越しに祈願)、予定していた本日のメインイベント旧岩崎邸庭園を素通りして、13:30分に東上野のコリアンタウンに到着! いや~よく歩きました。韓国語翻訳者Iさんに料理の説明をしてもらいながら、マッコリやビールを飲みながらランチを堪能(私はランチ2つも頼んでしまいました)。最後にコリアンタウンの食材店でキムチやマッコリなどを購入し、3時前に上野駅で解散。後半かなり迷走してしまい(本当にすみません!)、長丁場にもなってしまいましたが、とても楽しくそぞろ歩きとおしゃべり、ランチを楽しめました。みなさまあらためましてありがとうございました!

Usi

初対面の人も多かったわけですが、今回も歩きながらいろいろと話に花が咲きました。翻訳というキーワードでつながっている仲間との何気ない会話からは、思わぬ気づきや情報を得たり、仕事や勉強に対する意欲を高めたりといったことにつながるとあらためて思いました。さまざまな神様や聖者を詣でることもできましたし、受注祈願もできました。思いがけず牛の神様にも助けていただきました。そして、梅の花が感じさせてくれた小さな春――これからきっと、よいことが起きるに違いありません! みなさま、また一緒にそぞろ歩きましょう!

今回の教訓

・適当にそぞろ歩くのは楽しいことではあるが、大きく方向を誤るのは問題
・あまり見所を詰め込み過ぎてはいけない。欲張りすぎず、すべてにおいてほどほどに
・とはいえ、直感にしたがって飛び込むとよいこともある(牛天神、シビックセンター)
・ランチは、ここぞ、というお店を予約しておくと歩きにも張りが出る

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »