2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

~新たなる船出~ そぞろ歩きの会9 「お台場編」7/10(土)開催レポート

晴天に恵まれた土曜日、お台場散策を堪能してまいりました。ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

5月の会は雨で中止となってしまい、この日はそれ以来の開催。天候が心配されましたが、梅雨の晴れ間で、期待もしていなかったほどの真夏を思わせるような快晴に。お台場の神様?に感謝です。

今回は昼間の暑さを考慮して、初の夕方開催にしてみました。また、ビッグサイトで開催されている東京国際ブックフェアへの参加も呼びかけてみました。

今回は韓国語翻訳者のIMI)さん、会社勤めの傍ら児童書の翻訳にも情熱を注ぐI(NI)さん、医薬翻訳を中心に修行中のAさんのお三方にご参加いただきました。Aさん以外の3人はブックフェアからの参加です。

会場につくと、ものすごい人です。受付を済ませて、3時にMIさん、NIさんと待ち合わせをしている洋書バーゲンコーナーへ。『読書の力~「自己内対話」が開く世界』と題された姜尚中さんの講演があり、私も申し込みをしてはいたのですが、家を出るのが遅くなり参加できず。聴講されたMIさんに後でお話を伺ったところ、最近刊行された「オモニ」という小説を中心に、とても興味深い内容だったようです。

このコーナー、洋書ファンにとってはたまらない年に一度のお楽しみです。毎年のことながら、デバートのバーゲンコーナーとまったく同じノリで多くの人々がワゴンに群がっています。私も一人で来場しているのであれば興奮し、周囲の人と本を奪い合うようにして掘り出し物を探しているところかもしれないのですが、今日はお二人がいる手前、平静を装いぐっと我慢の子となったのでした。ともかく、本に人がむらがっている光景というのはなかなか心を躍らされます。

4時には会場を出なくてはならなかったので、後ろ髪を引かれるようにして洋書コーナーを去り、1時間ほど3人で会場内を見て回りました。児童書のコーナーに行くと、NIさんの訳書を発見! 世界のブックフェアに堂々の陳列です。こっそりと目立つところに置き直しました。普段、児童書のコーナーにはほとんどいかないのですが、NIさんにいろいろと教えていただきながら各出版社のブースを見て回ると、そこにはとても豊かで多様な世界があることが伺い知れます。面白いのは、出版社別に本が展示してあるので、書店とは異なり出版社のカラーがはっきりとわかるところ。思っている以上に出版社の特徴は大きいのかもという気がしました。

1時間はあっという間です。ブックフェアを楽しむなら、半日は必要。来年またゆっくり来てみたいです。

ゆりかもめに乗って、日の出駅に。久しぶりに乗りましたが、窓に映る景色は広々として、気持ちがいい。Aさんと合流し、お台場駅を目指して水上バスに乗りこみました。

Kaisyu

この水上バス、初めて乗りましたが、お出かけ気分を味わえてなかなかいいです。船のデザインは同じではなく、それぞれ特徴的な名前(統一感なし?)がつけられています。私たちが乗ったのは「海舟号」でした。屋上席に座って潮風に吹かれていると、なんとも心地よい。このバスは、知人の東京案内などで利用してもいいかもしれません。

20分後、17時過ぎに台場駅に到着。ここからテレコムセンターの方に向かって海岸沿いを行き、青海埠頭公園を抜けてパレットタウンを目指すという、約2時間のコースです。道は広々していてとても歩きやすく、目に映る光景も雄大です。期待以上によい散策コースでした。

久しぶりに会うことのできたメンバーの方々と話をしていると、その間には皆さんそれぞれ、少なからず様々な変化があったことがわかります。転機を迎えていたり、チャンスに恵まれたり、気持ちも新たに生活を一新しようとしていたり。今日は船にも乗ったし、これはたしかに新たな船出なのかもしれないと、そんな風にも思えたりしたのでした。

Contena

夕方のためそれほど暑さも感じることなく、東京湾を望みながらのウォーキングは最高。羽田に向かう飛行機が次々と頭上を通り過ぎ、対面にある大井埠頭に停泊しているコンテナ船が港の雰囲気を色濃く醸し出しています。釣りを楽しんでいる人も多くいましたが、基本的になんだかみんなのんびりしています。これだけ見晴らしがいいと、気持ちもゆったりするということなのでしょうか。天気のいい日に、芝生にでも寝転びながらゆっくり本でも読むにはうってつけの場所かもしれない、などと、みんなとてもこの場所を気に入りました。お台場はじっくりと歩くとかなり自然を体感できる、ワイルドなところでした。

Fuji

気がつけばすっかり日も暮れ、ゴールのパレットタウンに到着。レストランを探して建物の内部をグルグルと見て回り、イタリアンのお店で乾杯して、美味しいピザとイワシのパスタをいただきました。

長丁場になりましたが、参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました。とても有意義な時間をすごせました。

次回もまた場所が決まり次第告知いたします。また一緒に歩きましょう。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »