2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年5月

マハロいとうさんとゆく山の手線一周そぞろ歩きの旅、第二弾、有楽町で遭いましょう編、開催リポート

昨日5/21(土)、二回目となる「マハロいとうさんと行く山の手線一周そぞろ歩きの旅」の「有楽町~田町編」が無事終了いたしました。
今回もいとうさんがプロデューサー兼ナビゲーターとして特別参加してくださいました。いとうさん、ご参加いただいた14人のみなさま、ありがとうございました。

15時に有楽町駅に集合。私が指定した「銀座口マルイ入口前」が地理的に矛盾したものであることが判明し、トラップにひっかかる人が続出。全員集合したところで、さっそくいとうさんの先導で出発です。

真夏を思わせるような天気。ちなみに今回は集合場所が近いこともあり、その前に新企画「皇居一周そぞろ走り」と題し、有志四人で走ってきました。暑い時、特に急に暑くなった時期の運動には注意が必要。幸いアクシデントもなく、気持ちよく汗を掻きながら走れましたが、身体への負担はいつも以上でした。

歩き始めて1時間ほどはまだ陽射しも強く、みなさんのエネルギーの消耗も早かったように思います。昨年もそうでしたが、夏場のそぞろ歩きはこのあたり気をつけないといけません。

繁華街を進みながらも、普段なら見落としてしまうような、歴史を感じさせるスポットをいとうさんがいくつも紹介してくれ、ブラタモリ(ブラマハロ)的な深い味わいを感じられる散策になりました。雰囲気たっぷりの「中央区泰明小学校」、背広なおじさんたちのいこいの場「烏森神社」などを通過して、新橋へ。

休憩がてら「切腹最中」で有名な和菓子屋「新正堂」に。私たちが大人数だったこともあってか、店主の方が昔の写真を手に詳しい解説をしてくださり、嬉しい思いで話に聞き入りました。こういうハプニングこそ散策の醍醐味かもしれません。

汐留付近から浜松町に。暑かっただけに、海から吹き抜けてくる風がいっそう心地よい。町のテイストも変化し、大げさにいうと、国境を越えたような感覚があります。

歩き始めて2時間半。無事にゴールの田町に到着。暑い中、みなさんお疲れ様でした。

夕食は田町の「東京サーカス」で。二階が貸し切り状態となり、とてもリラックスできました。料理も美味しく、いとうさんも最後の方ではウクレレをつま弾いてくださいました。

その後、有志で「まんまるどり三田店」焼き鳥をつまみながら、四方山話に花が咲きました。

今回二回目となった山の手線の旅。スタート地点の上野から9駅進みました。電車なら10分ほどでいける距離ですが、歩きながらゆっくり移動すると、街の横顔が、たしかな距離感とともに浮かび上がるような気がしました。東京に長い間暮らしていれば、多かれ少なかれ、それぞれの街に思い出があったりします。みなさんの心の中を覗くことはできませんが、ひとりひとり、そんな小さな記憶を反芻しながら、そぞろ歩いてくださっていたのではないか、そんなことを感じたりもしました。

まだまだ先は長いですが、いとうさんとともに、飄々と、楽しみながら次の駅をひとつずつ目指していきたいと思います。いとうさん、みなさま、本当にありがとうございました。

またそぞろ歩きましょう!

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »